March 2007

March 30, 2007

Sun Certified Programmer for the Java 2 Platform 1.4(メルマガvol143回答&解説)

正解
1.

ローカル変数でも、配列を作成したとき要素にはデフォルト値が設定されます。
本問題の実行結果は、オブジェクト参照のデフォルト値「null」が出力されます。

データ型 デフォルト値
----------------------- + -----------------
byte, short, int, long  0
float, double  0.0
boolean  false
char  '\u0000'
オブジェクト  null



ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。
「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」
製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。



投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking


Java2 SJC‐P Platform1.4対応
SUN教科書Javaプログラマ(SJC-P)
サン技術者認定資格教則本Java2(SJC‐P)


March 29, 2007

Sun Certified Associate for the Java 2 Platform(メルマガvol142回答&解説)

正解
2.

列挙型は、関連する定数をまとめて宣言するための型です。列挙型を使用することで、変数の値を限定することができます。

列挙型を宣言するには「enum」キーワードを使用します。
列挙型を宣言する構文は次の通りです。

[修飾子] enum 列挙型名 {要素1, 要素2, 要素3...}

列挙型の変数宣言と値の代入は次の構文で行います。

列挙型名 変数名 = 列挙型名.要素名;

不正解の理由は次のとおりです。

public class ClassA{
enum RANK {High, Normal, Low}
RANK.Normal myRank;
}

列挙型の宣言は正しいのですが、使用方法が間違っています。

enum {RANK=High, RANK=Normal, RANK=Low}
public class ClassA{
RANK.Normal myRank;
}

列挙型の宣言方法も使用方法も間違っています。

public class ClassA{
enum {RANK=High, RANK=Normal, RANK=Low}
RANK myRank = RANK.Normal;
}

列挙型の使用方法は正しいのですが、宣言方法が間違っています。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

SUN教科書 Java アソシエイツ (SJC-A)
Sun SJC-A認定ガイド 310-019対応
SUN教科書Javaプログラマ(SJC-P)


March 28, 2007

CompTIA Network+2005(メルマガvol141回答&解説)

正解
1.

この問題の結果は、TCP/IPユーティリティの「TRACERT」コマンドを実行した結果です。
TRACERTの引数にIPアドレスやホスト名を指定して実行すると、
そのノードに到達するまでのルーターのIPアドレスと、経過時間が表示されます。
これにより、相手先ノードまでの経路情報などがわかります。
また、パケットは3回送信されるようになっているため、3つ分ずつ結果が表示されます。

TRACERTでは、ルーターを検出することもできますが、
これは、パケットのTTL(パケットの生存可能時間を表わすための時間)値を
変えることにより、通過しているルータの検出を行っています。
まず最初にTTL値を1にしてパケットを送出すると、最初のルータを通過しようとした時点で
TTLが0になり、送信元にICMPのエラーメッセージが返されます。
このエラーパケットには、エラーを返したルータのIPアドレスがセットされていますので、
最初のIPルータを確認することができます。次にTTL=2にしてパケットを
送出することにより、2番目のルーターのIPアドレスが確認できます。
以下同様にして、目的のノードまでのルート情報を調べることができます。



ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

コンプティア実践問題集 Network+
Network+〈Vol.1〉テキスト
Network+〈Vol.2〉テキスト


March 27, 2007

CompTIA A+2003 Core Hardware(メルマガvol140回答&解説)

正解
1.

CPUのパッケージには「PGA」「SECC」「SEPP」等が採用されています。
また、マザーボード上のCPUコネクタには「ソケット型」と「スロット型」があります。
それぞれの特徴は下記のとおりです。

PGA(Pin Grid Array):
 チップの下面にピンを剣山のように配置したパッケージ(ソケットに接続)

SECC(Single Edge Contact Cartridge):
 プラスチックケースでCPUやその他のパーツが実装された基盤を
 覆ったパッケージ(スロットに接続)

SEPP(Single Edge Processor Package):
 SECCの表面を覆っているプラスチックケースを取り、
 基盤をむき出しにしたもの(スロットに接続)

問題のZIF(Zero Insertion Force)とは、上記PGAにおいてCPUの着脱を容易にするための
レバー付きのソケットのことであり、Athlonに採用されているソケットは、「Socket A」です。



ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

CompTIA A+ Core Hardware対策テキスト―試験番号:220-301対応
CompTIA A+実践攻略試験対策テキスト Core Hardware編
CompTIA A+ Core Hardware2003完全予想問題集
A+ Core Hardwareテキスト


March 26, 2007

ORACLE9i PL/SQL(メルマガvol139回答&解説)

正解
1.

パッケージには、パグリックとプライベートなサブプログラムを定義できますが、
プライベートなサブプログラムは、そのパッケージ内からのみアクセスでき、
コールされる前に宣言しておく必要があります。
前方宣言では、パブリック・サブプログラムの本体部より前に、
プライベート・サブプログラムのヘッダーを宣言します。
この宣言のことを「前方宣言」と呼び、相互参照が必要な再帰的な処理などに利用します。
なお、プライベート・サブプログラムの本体部は、パブリック・サブプログラムの
本体部の後で宣言します。

CREATE OR REPLACE PACKAGE shohin_name_pack
IS
PROCEDURE sel_name_prod
(p_id IN NUMBER, p_name OUT VARCHAR2);
END shohin_name_pack;
CREATE OR REPLACE PACKAGE BODY shohin_name_pack
IS
PROCEDURE sel_id_prod (p_id IN NUMBER);   -- 前方宣言
PROCEDURE sel_name_prod
(p_id IN NUMBER, p_name OUT VARCHAR2)
IS
BEGIN
sel_id_prod(100);   -- 前方宣言したプログラムのコール
・・・
END;
PROCEDURE sel_id_prod -- 前方宣言したプロシージャの完全定義
(p_id IN NUMBER)
IS
BEGIN
・・・
END;
END shohin_name_pack;


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

Oracle入門 SQL&PL/SQL
『3ステップで理解する Oracle PL/SQL』
Oracle PL/SQLプログラミング 基礎編
オラクルマスター教科書 Silver Oracle9iPL/SQL「PL/SQLプログラミング」編(試験科目:1ZO‐147J/PL/SQLプログラミング)


March 23, 2007

Windows Server 2003 70-290(メルマガvol138回答&解説)

正解
4.

「Active Directory ユーザーとコンピュータ」コンソールで、各グループのプロパティを開きます。
各グローバルグループのスコープは、最初にユニバーサルに変更した後、ドメインローカルに変更できます。

通常グローバルグループのスコープは直接ドメインローカルグループに変更する事は出来ません。
グローバルグループのプロパティではドメインローカルグループのオプションが使用できないようになっています。
グローバルグループのスコープをドメインローカルに変更するには、グローバルグループをユニバーサルグループに変更してから、ドメインローカルグループに変更する事が出来るようになります。
ドメインローカルセキュリティグループを使用すると、ローカルドメイン内のリソースへのアクセスを定義および管理ができます。
ドメインが Windows 2000ネイティブまたはWindows Server 2003ドメイン機能レベルで実行されている場合は、ドメインローカルグループ、グローバルグループ、ユニバーサルグループのスコープを変更することができます。

各グローバルグループを削除し、ユニバーサルグループのスコープを使用して各グループを再作成するのは大変な労力を要することになります。
また、ローカルドメイン内のリソースへのアクセスをドメインユーザーに提供するときに、ユニバーサルグループを使用するとドメインコントローラ間に追加の複製トラフィックが発生してしまいます。
各グローバルグループを削除し、ドメインローカルのスコープを使用して各グループを再作成するのは大変な労力を要することになります。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking


Microsoft Windows Server 2003完全マスター―MCP試験番号70-290/70-291対応
MCSE/MCSAスキルチェック問題集 70-290 Microsoft Windows Server 2003 EnvironmentiStudy Lite for MCP付 マイクロソフト公式解説書
マイクロソフト認定技術資格試験MCP/MCSA/MCSEラーニングブック―70‐290:Managing and Maintaining a Microsoft Windows Server 2003 Environment編


March 22, 2007

.com Master★(メルマガvol137回答&解説)

正解
1.

ADSL通信規格の付帯規格であるAnnex Aは北米向け、Annex Bはヨーロッパ向け、Annex Cは日本向けの仕様です。
通信速度を出しやすいメリットがあるが、ISDN回線と干渉を起こして通信速度が低下する可能性があるものはAnnex Aであり、Annex CはISDN回線と干渉しないような工夫がされており、比較的安定した通信が可能です。
Annex Qは下りの伝送速度を40Mbps超に高速化した規格です。
新しい拡張規格であり、従来上りに利用していた帯域の一部を下りに利用したりエラー訂正用の情報を減らすといった工夫により高速通信を実現しているのは、Annex A.exやAnnex C.xのような規格です。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

NTTコミュニケーションズ インターネット検定 .com Master ★(シングルスター)2006 公式テキスト
.com Master教科書 .com Master★2006
NTTコミュニケーションズインターネット検定徹底問題集 .com Master ★になる 2006
.com Master教科書 .com Master★2007


March 20, 2007

LPI Level1 Exam102(メルマガvol136回答&解説)

正解
2.

ネットワーク上の別のホストにあるプリンタを使用して印刷を行うためには、そのリモートマシンのlpdに対して印刷要求をおくる必要があります。そのため、プリンタが接続されているサーバー側では、/etc/hosts.lpdファイルを使用して、許可するホストを設定する必要があります。

この問題であれば、svr2の/etc/hosts.lpdファイルに次のように記述します。

# cat /etc/hosts.lpd
svr1

ホスト名の変わりに「+」が指定されている場合、全てのクライアントから許可することになります。



不正解の理由は次のとおりです。

  • /etc/printcap

    クライアントとなる印刷要求を出す側では、接続先のリモートプリンタの定義を/etc/printcapに行っておきます。今回の問題であれば、svr1の/etc/printcapファイルに次のように記述します。

    remote|sample remote printer:\
    :sh:\
    :rm=svr2:\
    :rp=lp0:\
    :sd=/var/spool/output/eden:\
    :lf=/var/log/lpd-errs:

    「rm」を使用して、プリンタが接続されているリモートホストを指定します。

  • /var/spool/lpd/hosts

    印刷プールのディレクトリである可能性がありますが、リモートプリンタを使用するときにのみ設定するというわけではありません。

  • /etc/lpd.conf

    lpdを使用している場合には使われないファイルです。

  • /etc/ldp/remotehost

    このようなファイルは存在しません。



ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

Linux教科書 LPICレベル1 第2版
合格できる!Linux技術者認定試験LPICレベル1
解きながら覚えるLinuxの基礎 <読むだけよりもだんぜん効果がある!LPICレベル1にも対応> リナックスワールド総集編
Linux教科書 LPICレベル1


March 19, 2007

LPI Level1 Exam101(メルマガvol135回答&解説)

正解
4.

変数を削除するには、unsetコマンドを使います。このとき、「$」記号は必要ありません。

$ DATE=date
$ echo $DATE
date
$ unset DATE
$ echo $DATE

不正解の理由は次のとおりです。

  • echo foo

    echoコマンドは、画面に表示するコマンドです。

    $ echo foo
    foo

  • env foo

    envコマンドは環境変数をリストするコマンドです。変数を限定する場合は、grepを併用します。

    $ env | grep USER
    USER=user1

  • set $foo

    setコマンドは、シェル変数と環境変数をリストするコマンドです。変数を限定する場合は、grepを併用します。

    $ set | grep USER
    USER=user1




ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking


LPICテキスト LPI Linuxレベル1 Release2―Exam「101」「102」
LPI試験実戦問題レベル1
LPI認定教科書+問題集 Level‐1‐101
LPI Linux認定試験クイックリファレンス


March 16, 2007

Sun Certified Associate for the Java 2 Platform(メルマガvol134回答&解説)

正解
3.

アプレットとJavaアプリケーションにおけるGUIを作成するには、AWT(Abstract Window oolkit)とSwingが使用されます。







AWTSwing
JDK1.1〜JDK1.2〜
重量コンポーネント軽量コンポーネント
部品数が少ない部品数が多い テーブルを表現(JTable)やツリー構造を表現(JTree)などがある
プラットフォーム別のLook&Feel OS機能を使用する必要があり、プラットフォームごとに異なる見た目と操作性となる統一されたLook&Feel プラットフォームに依存しない統一された見た目と操作性を提供できる
ベース機能はAWTを使用する


主なAWTパッケージは次の通りです。

●java.awtパッケージ
GUI作成に必要となるテキストフィールド、ボタン、チェックボックス、ラジオボタン、ラベル、ダイアログといった基本的なクラスが含まれます。

●java.awt.eventパッケージ
コンポーネント操作で発声するイベントを処理するクラスが含まれます。

主なSwingパッケージは次の通りです。

●javax.swingパッケージ
Swingのボタン(JButton)やフレーム(JFrame)、テーブル(JTable)、ツリー(JTree)などのSwingコアコンポーネントクラスが含まれます。

●javax.swing.borderパッケージ
Swingで追加されたボーダー(枠)クラスが含まれます。

●javax.swing.eventパッケージ
Swingコンポーネント独自のイベント処理を行うためのクラスが含まれます。

問題にあるように「J」で始まるGUIコンポーネントは、javax.swingパッケージにて提供されます。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

SUN教科書 Java アソシエイツ (SJC-A)
Sun SJC-A認定ガイド 310-019対応
SUN教科書Javaプログラマ(SJC-P)