June 2007

June 29, 2007

CompTIA Server+(メルマガvol179回答&解説)

正解
1.

メモリに誤った値が記録されていることを検出し、正しい値に訂正することができるメモリモジュールは「ECC(Error Check and Correct)メモリ」です。
PC用ECCメモリでは、メモリ64ビットにつき8ビットの誤り訂正用データを対応させ、64ビットのうち1ビットが誤った値になった場合に、これを検出して訂正することで正しい値に復元できるようにします。
これにより、データの誤りを検出するのみで誤りの訂正ができないパリティチェックと比べて、より多くの冗長データを必要とする代わりに、データの誤りが発生してもシステムを問題もなく駆動させ続けることができます。また、耐障害性が高まるため、サーバーのように、より信頼性を求められるシステムで採用されています。

***** 参考 *****
パリティチェック:
データ通信において、データの誤り(エラー)を検出する手法の1つです。
PCは全てのデータを2進数(0と1)の値の列で表現していますが、データを送信する側は、この値の列を一定の個数(通常は7個か8個)に区切り、その中に含まれる1(または0)の個数の偶奇(パリティビットと呼ぶ)を添付してデータを転送します。
一方、受け取った側は、添付されたパリティビットと、データ中に含まれる1(または0)の個数を比較して、偶奇が合わなければデータに誤りがあると判断し、再送を要求します。
1ビットのパリティビットを付加すると、奇数個の誤りが生じているかどうかが判定できるようになります。
誤り検出としては最も一般的な方法で、PC内部の回路間のデータ転送や、通信回線を使ったコンピュータ同士の通信に幅広く利用されています。
ただし、メモリエラーが発生したことは検出できますが、どの値にエラーが発生したのか特定できないため、そのエラーを訂正することもできません。
*****************


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

Server+〈Vol.1〉問題集
Server+問題集 (Vol.2)
Server+〈Vol.1〉テキスト
Server+〈Vol.2〉テキスト
コンプティア実践問題集 Server+


June 27, 2007

.com Master★(メルマガvol178回答&解説)

正解
2,3,6

キャッシュメモリは、CPUとメインメモリの中間にあります。
1次キャッシュはCPUから近い場所にあり、2次キャッシュはメインメモリから近い場所にあります。
キャッシュメモリは高速に処理ができるSRAM(スタティックRAM)を使用しています。
SRAMは高速処理を行うことが出来ますが、コストがかかるため実際には容量の小さなSRAMと、低速ですが大容量のメインメモリで使用するDRAM(ダイナミックRAM)を併用して速度の差を緩衝させています。
CPUは、クロック周波数が同じでもメーカーが異なればCPUの設計も異なるのでクロック周波数で性能を比較することはできません。
通常性能を比較する場合は、ベンチマークテストを使用します。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

NTTコミュニケーションズ インターネット検定 .com Master ★(シングルスター)2007 公式テキスト
NTTコミュニケーションズインターネット検定徹底問題集 .com Master ★になる 2007 検定対策講座の講師陣が予想する
.com Master教科書 .com Master★★2007


June 25, 2007

CompTIA A+2003 Core Hardware(メルマガvol177回答&解説)

正解
1.

SCSIはハードディスクやCD-ROMドライブ等の様々な周辺機器が接続可能な
インターフェース規格であり、古くから使用されています。
PCには標準搭載されておらず、SCSIカードを拡張スロットに挿すことで
使用するのが一般的です。

SCSIの種類は下記のとおりです。

SCSI
 最大転送速度5MB/s、バス幅8ビット、ケーブル長6m、最大接続台数8台

Fast-SCSI
 最大転送速度10MB/s、バス幅8ビット、ケーブル長3m、最大接続台数8台

Fast-Wide-SCSI
 最大転送速度20MB/s、バス幅16ビット、ケーブル長3m、最大接続台数16台

Ultra-SCSI
 最大転送速度20MB/s、バス幅8ビット、ケーブル長1.5m、最大接続台数8台

Ultra-Wide-SCSI
 最大転送速度40MB/s、バス幅16ビット、ケーブル長1.5m、最大接続台数16台

Ultra2-Wide-SCSI

 最大転送速度80MB/s、バス幅16ビット、ケーブル長12m、最大接続台数16台

Ultra160
 最大転送速度160MB/s、バス幅16ビット、ケーブル長12m、最大接続台数16台

これにより、問題のUltra-SCSIの最大転送速度は「20MB/s」ということになります。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

CompTIA A+ Core Hardware対策テキスト―試験番号:220-301対応
A+ Core Hardwareテキスト
CompTIA A+ Core Hardware2003完全予想問題集
CompTIA A+実践攻略試験対策テキスト Core Hardware編


June 22, 2007

CompTIA Network+(メルマガvol176回答&解説)

正解
1.

DHCPサーバーの構成を変更した場合、DHCPサーバーにより配布されたIPアドレスも更新する必要があります。
従って、ネットワーク内のユーザーには、IPアドレスを更新するコマンドを実行するよう通知しなければなりません。
IPアドレスの更新は「ipconfig」コマンドでオプションスイッチ「renew」を使用します。

IPCONFIGのオプションスイッチは下記のとおりです。

/all →LANカードの種類やDNS、DHCPなど全ての設定情報を表示
/renew →IPアドレスの再取得
/release →IPアドレスの解放


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

Network+〈Vol.1〉テキスト
Network+〈Vol.2〉テキスト
コンプティア実践問題集 Network+


June 20, 2007

Oracle9i データベース管理1(メルマガvol175回答&解説)

正解
2,3

制御ファイルが更新されるタイミングは以下のようになっています。

・データベース識別子はデータベース作成時に記録されます。
・データ・ファイルとREDOログファイルの名前と場所は、データ・ファイルやREDOログファイルがデータベースに追加されるとき、改名されるとき、削除されるときに更新
・表領域情報は表領域が追加、削除されるときに更新
・REDOログ・ファイル履歴はログ・スイッチの時に記録
・アーカイブログの場所とステータスはアーカイブ発生時に記録
・バックアップの場所とステータスはRecovery Managerにより記録
・現在のログ・順序番号はログスイッチ時に記録
・チェックポイント情報はチェックポイント実行時に記録


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

ORACLE MASTER Silver Oracle9i Database認定ガイド DBA I 編
オラクルマスター教科書+iStudy Silver Oracle Database 10g DBA 10g
徹底攻略ORACLE MASTER Bronze DBA 10g問題集


June 18, 2007

ORACLE9i PL/SQL(メルマガvol174回答&解説)

正解
2.


「DBA_JOBS」および「DBA_JOBS_RUNNING」データ・ディクショナリ・ビューにてジョブに関する情報が確認できます。
現在実行中のジョブを表示するには「DBA_JOBS_RUNNING」データ・ディクショナリ・ビューを使用します。
また、発行されたジョブのステータス表示をするには、DBA_JOBSデータ・ディクショナリ・ビューを使用します。
なお、これらのデータ・ディクショナリ・ビュー情報を表示するには、
SYS.DBA_JOBSに対するSELECT権限が必要です。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking



プロとしてのOracle PL/SQL入門
やさしいOracle PL/SQL入門
Oracle DB PL/SQLプログラミング即効リファレンス―Oracle 8i、9i、10g対応
Oracle PL/SQLプログラミング 基礎編
らくらくOracleとってもやさしいPL/SQLプログラミング塾


June 15, 2007

Oracle9i Backup Recovery(メルマガvol173回答&解説)

正解
1,2,3

RMANは、リポジトを使用してリストアする最適なバックアップ・セットやイメージ・コピーを選択します。
デフォルトではRMANは、リストアするファイルがすでに正しい場所にあり、RMANリポジトリ情報とデータ・ファイルヘッダ情報が一致している正しい状態の場合はリストアはしません。
RESTORE コマンドの構文は以下のようになってします。

・RESTORE DATABASE:すべてのデータファイルのリストア
・RESTORE TABLESPACE 表領域名:指定した表領域に属するデータファイルをリストア
・RESTORE DATAFILE {'ファイル名'|ファイルNO}:指定したデータファイルをリストア

また、RECOVERコマンドを発行するとRMANは増分バックアップがあるなら増分バックアップをリストアおよびアーカイブ・ログファイル、REDOログ・ファイルによる変更適用を行いリストアしたファイルをリカバリします。
RECOVER コマンドの構文は以下のようになってします。

・RECOVER DATABASE:全てのデータフィルをリカバリ
・RECOVER TABLESPACE 表領域名:指定した表領域をリカバリ
・RECOVER DATAFILE {'ファイル名'|ファイルNO}:指定したデータファイルをリカバリ


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

オラクルマスター教科書 Silver Oracle Database 10g DBA 10g
徹底攻略 ORACLE MASTER Silver DBA10g 問題集
オラクルマスター教科書Gold Oracle Database 10g【DBA10g】編


June 13, 2007

Oracle9i Performance Tuning(メルマガvol172回答&解説)

正解
1,3

【正解】
●全表走査を使用して取得したデータ・ブロックは、LRUリストの末尾(LRU側)に移動し、別の処理で空バッファが必要になった場合に最優先で別のデータに書き換えらます。
したがって通常は、頻繁にアクセスされる表であっても、全表走査するような表は、毎回ディスクからの読込む必要があります。
こうしたディスクからの読み込みを避けるためには、表全体をLRUリストの先頭側(MRU側:最高使用頻度)にキャッシュされるように設定します。
こうした機能を表のキャッシュといい、以下の方法で行うことができます。
・CACHE句を使用して表を作成
・CACHE句を使用して表を変更
・CACHEヒントを使用して問合せを実行(SELECT /*+ CACHE */ …)

●表のキャッシュは、多数のユーザーによって使用される小さな参照表に対して行います。
これにより、毎回ディスクI/Oを伴う読込みはなくせます。
また、多数のユーザに使用されれば、データベースバッファキャッシュからフラッシュされる可能性も低くなります。

【不正解】
●LRU側におかれるのは、CACHE指定がない場合です。
●CACHEとはいっても固定ではありません。使用頻度の低い表にCACHE指定があっても、他の読込みによってデータベースバッファキャッシュからフラッシュされてしまう可能性があります。
●索引走査であれば、自動的にMRU側におかれます。
●大きな表をキャッシュすると、データベース・バッファ・キャッシュが、キャッシュされたデータ・ブロックによって圧迫されることになります。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

Oracle9iDB Release2 実践ガイド―インストールからバックアップ・リカバリ/パフォーマンス・チューニングまでをケーススタディで!
Oracle パフォーマンスチューニング
ORACLEハイパフォーマンスチューニングSQL編
オラクルマスター教科書Gold Oracle Database 10g【DBA10g】編
オラクルマスター教科書 Gold Oracle 10g Database 【新機能】編
オラクル認定資格試験ORACLE MASTER Gold Oracle9i Database問題集―Oracle Certified Professional対応


June 11, 2007

OracleSilverDBA10g(メルマガvol171回答&解説)

正解
1.

データベースユーザーの認証方式にはパスワード認証(データベース認証)、外部認証(OS認証)、グローバル認証の3種類があります
IDENTIFIED BY パスワード を指定していますのでパスワード認証となります。パスワード認証では接続時にパスワードを提示する必要があります。

DEFAULT TABELSPACE 句ではユーザーのデフォルト表領域を指定します。
デフォルト表領域は表などのオブジェクトを作成時に表領域を指定しなかった場合にオブジェクトが格納される表領域です。
DEFAULT TABELSPACE 句を省略した場合はデータベースのデフォルト表領域が割り当てられます。
ただし、デフォルト表領域に対してのクォータが与えられていないとその表領域にオブジェクトを作成することはできません。

TEMPORARY TABLESPACE 句では一時表領域を指定します。
一時表領域はORDER BY や GROUP BY などを使用した際の ソート処理で使用します。
TEMPORARY TABLESPACE 句を省略した場合はデータベースのデフォルト一時表領域が割り当てられます。
一時表領域はクォータの設定に関係なく無制限にその表領域を使用できます。

PASSWORD EXPIRE 句を使用してパスワードを期限切れに設定できます。これにより最初のログイン時にパスワードを変更するようメッセージが表示されます。パスワードを変更すればログインできます。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

オラクルマスター教科書 Silver Oracle Database 10g DBA 10g
徹底攻略 ORACLE MASTER Silver DBA10g 問題集
ORACLE MASTER Silver DBA10g模擬問題集
ORACLE MASTER Silver DBA10g日本オラクル公式テキスト


June 08, 2007

CompTIA A+ Core Hardware(メルマガvol170回答&解説)

正解
2.

ハードウェアとデータのやり取りをするためのCPUの出入り口のことを
「I/Oポート」と呼びます。
そしてハードウェア側に割り当てられた「I/Oアドレス」をもとに
データのやり取りを行います。

マザーボード上に装備されているI/Oポートのアドレスは下記のとおりです。

 シリアルポート1(COM1)→03F8h
 シリアルポート2(COM2)→02F8h
 シリアルポート3(COM3)→03E8h
 シリアルポート4(COM4)→02F8h

従って、この問題の正解は「COM2 2F8h」です。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking


CompTIA A+ Core Hardware対策テキスト―試験番号:220-301対応
A+ Core Hardwareテキスト
CompTIA A+実践攻略試験対策テキスト Core Hardware編