November 28, 2006

CompTIA Server+試験(メルマガvol67回答&解説)

正解
2,3

フルバックアップおよびコピーバックアップは、全てのファイルをバックアップするため、変更があったファイルだけをバックアップすることはできません。
増分バックアップは、フルバックアップや前回の(増分)バックアップ後に変更されたファイルだけをバックアップします。また、差分バックアップは、フルバックアップ後に変更されたファイルを全てバックアップします。
この問題では、フルバックアップ後の変更ファイルのみをバックアップするということですので、増分バックアップと差分バックアップは同条件となります。このため、どちらのバックアップ方法を使用しても目的のデータをバックアップすることができます。

バックアップの手法をすべて下記へ記載しますので、参照してください。

フルバックアップ
ディスク中の全てのファイルをバックアップします。この際、全てのファイルのアーカイブビット(前回のバックアップからファイルが更新されたことを表わす属性)を解除します。

増分バックアップ
アーカイブビットがセットされたファイル(前回のバックアップ後に更新されたファイル)だけをバックアップし、バックアップ後にアーカイブビットを解除します。増分バックアップでは、前回のバックアップ作業後に更新されたファイルだけがバックアップされるため、バックアップにかかる作業量を低減することができます。

コピーバックアップ
ファイルがバックアップされても、アーカイブビット(ファイルが前回のバックアップ後に変更されたことを表わす属性)が解除されない点がフルバックアップとは異なります。コピーバックアップは、通常の作業ではあまり利用しませんが、予備のバックアップテープを作成する等の場合に利用されます。この場合でもアーカイブビットは解除されないので、通常のバックアップ作業には一切の影響を及ぼしません。

差分バックアップ
アーカイブビットがセットされたファイル(前回のバックアップ後に更新されたファイル)だけをバックアップし、アーカイブビットを解除しません。つまりバックアップを行なうたびに、前回のフルバックアップ後に更新された全てのファイルがバックアップされます。このためリストア作業は、フルバックアップされたファイル、およびその後に差分バックアップされたファイルをリストすればよいため、リストア作業が簡略化されます。


ミニまぐで配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。
「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」
製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。

投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔