May 18, 2007

LPI Level1 Exam102(メルマガvol161回答&解説)

正解
3.

カーネルを再構築するには、カーネルの機能を直接カーネルに組み込むのかローダブルモジュールにするのかを設定する必要があります。この設定を行うには、次のいずれかのコマンドを実行します。


make config

コンソール上で、カーネルオプションごとに対話形式で設定します。1つずつ答える必要があるため、設定に時間がかかります。



make menuconfig

コンソール上で、メニュー形式になっているオプション項目を設定します。カーソルキーも使用できますが、X Windowを使用していないシステム向きです。



make xconfig
X Windowシステム上で使用するGUIアプリケーションにて設定します。


いずれのコマンドを使用した場合でも、設定したカーネルの構成は、カーネルソースが格納されるディレクトリ(/usr/src/linux)配下の.configファイルに保存されます。

# cat .config
#
# Automatically generated by make menuconfig: don't edit
#
CONFIG_X86=y
# CONFIG_SBUS is not set
CONFIG_UID16=y
・・・

不正解となるファイルは存在しません。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking


LPICテキスト LPI Linuxレベル1 Release2―Exam「101」「102」
解きながら覚えるLinuxの基礎 <読むだけよりもだんぜん効果がある!LPICレベル1にも対応> リナックスワールド総集編
Linux教科書 LPIC レベル2


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔