June 08, 2007

CompTIA A+ Core Hardware(メルマガvol170回答&解説)

正解
2.

ハードウェアとデータのやり取りをするためのCPUの出入り口のことを
「I/Oポート」と呼びます。
そしてハードウェア側に割り当てられた「I/Oアドレス」をもとに
データのやり取りを行います。

マザーボード上に装備されているI/Oポートのアドレスは下記のとおりです。

 シリアルポート1(COM1)→03F8h
 シリアルポート2(COM2)→02F8h
 シリアルポート3(COM3)→03E8h
 シリアルポート4(COM4)→02F8h

従って、この問題の正解は「COM2 2F8h」です。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking


CompTIA A+ Core Hardware対策テキスト―試験番号:220-301対応
A+ Core Hardwareテキスト
CompTIA A+実践攻略試験対策テキスト Core Hardware編


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ireland hermes3   April 25, 2014 05:27
hermes paketverfolgung amazon CompTIA A Core Hardware(メルマガvol170回答&解説):資格GET!(Project - ∞ IT資格 Oracle MCP JAVA CompTIA 等や国家資格 弁理士等をGETしよう!)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔