Oracle関連

September 28, 2007

Oracle9i PL/SQL(メルマガvol202回答&解説)

正解
3.

まず、文トリガーおよび行トリガーについて、下記に示しますので参照してください。

************************
文トリガー :
DML処理の対象となるレコード数に関係なくトリガーを起動する
(DML操作全体に対して1回のみトリガーを起動)

行トリガー :
DML処理の対象となるレコード毎にトリガーを起動する
(DML操作の影響を受ける各行ごとに1回ずつトリガーを起動)
************************

行トリガーにするには「FOR EACH ROW」句を使用しますが、
これを省略した場合は文トリガーとなります。
この問題のトリガーは、FOR EACH ROW句を使用しているので、行トリガーです。
このため、DML文によって影響を受ける各行ごとにトリガーが起動します。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

オラクルマスター教科書 Silver Oracle9iPL/SQL「PL/SQLプログラミング」編(試験科目:1ZO‐147J/PL/SQLプログラミング) (オラクルマスター教科書)
Oracle PL/SQLプログラミング―トリガーとストアドプロシージャによるデータベース強化 (Database developer’s guide)
Oracle PL/SQLデスクトップリファレンス 第2版
らくらくOracleとってもやさしいPL/SQLプログラミング塾


gfgroup at 08:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

September 03, 2007

Oracle9iBackup Recovery(メルマガvol195回答&解説)

正解
1.

DELETEコマンドにてリポジトリ情報とOS上のバックアップ・ファイルを削除できます。デフォルトでは削除対象ファイルのリストを表示し、削除要求を確認するプロンプトを表示します。
このプロンプトを表示させないためにはNOPROMPTオプションを使用します。
また、CROSSCHECKした結果、リポジトリ情報がEXPIREDとステータス変更されたファイルを削除するときは、EXPIREDオプションを使用します。

以下に例文を示します。

DELETE OBSOLETE; : デフォルトの保存方針に合わないものをリストして、確認して削除

DELETE OBSOLETE RECOVERY WINDOW OF 7 DAYS; : 指定した保存方針に合わないものをリストし、確認して削除

DELETE NOPROMPT EXPIRED BACKUP OF TABLESPACE SYSTEM; : SYSTEM表領域のバックアップセットでEXPIREDになっているものを確認せず削除


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

Oracleデータベース バックアップリカバリテクニック
Oracle9iDB Release2 実践ガイド―インストールからバックアップ・リカバリ/パフォーマンス・チューニングまでをケーススタディで! (@ITハイブックス)
オラクルマスター教科書+iStudy Gold Oracle Database 10g【DBA10g】編 (オラクルマスター教科書)
直前必修問題集 ORACLE MASTER Gold


gfgroup at 07:31|PermalinkComments(8)TrackBack(0)clip!

August 31, 2007

Oracle9i Performance Tuning(メルマガvol194回答&解説)

正解
2,3,4

データ・ブロックのサイズを小さくすると次のメリットがあります。
・ データ・ブロックあたりの行数が少なくなるため、データ・ブロックの競合が減る
・ データの量が少ない行に適している
・ ランダムアクセスに適している。読み込まれた後で再利用される可能性は低いが、不必要なデータは含まれていないため、データベース・バッファ・キャッシュを効率的に使用できる。

一方、データ・ブロックのサイズを大きくすると次のメリットがあります。
・ 順次アクセス、行サイズが大きい行に適している
・ 索引読込みのI/Oが減少するため、パフォーマンスが向上する

【正解】
●小さいブロックサイズでは、1つのブロックに少ない索引エントリしか格納できないことで、多くのリーフブロックを必要とし、索引階層が多くなる可能性があります。多くのブロックが必要となれば、より多くのIOが必要となります。
●大きいブロックサイズにすることで、1つのブロックに多くの索引エントリが格納でき、少ないリーフブロックですむ可能性があります。これにより、少ないIOで索引が読み込めます。
●大きいブロックサイズにすることで、1つのブロックに多くの表レコードが格納でき、ランダムアクセスされるときに余分なレコードまで読み込まれる可能性があります。バッファキャッシュはブロック単位で読み込まれるため、読み込まれたブロック内の大半が不必要という可能性もでてきます。

【不正解】
●小さいブロックは、ブロックあたりの行が少ないため、ブロック競合が減ると考えられます。増えるのは大きいブロックの場合です。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

オラクルマスター教科書Gold Oracle Database 10g【DBA10g】編 (オラクルマスター教科書)
オラクルマスター教科書 Gold Oracle Database 10g【新機能】編
ORACLE MASTER Gold認定ガイド DBA1(Oracle9i)編
Oracle パフォーマンスチューニング
Oracle9iDB Release2 実践ガイド―インストールからバックアップ・リカバリ/パフォーマンス・チューニングまでをケーススタディで! (@ITハイブックス)


gfgroup at 07:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

August 01, 2007

OracleSilver DBA10g(メルマガvol189回答&解説)

正解
3.

順序は複数のユーザーが一意の整数を生成できるようにするオブジェクトです。
順序を作成するにはCREATE SEQUENCE 文を使用するかEnterprise Manager の「管理」タブの「スキーマ」リージョンの「順序」をクリックして「順序の検索/結果」ページの作成ボタンをクリックします。
CREATE SEQUENCE文の構文は以下のようになっています。

CREATE SEQUENCE 順序名
[INCREMENT BY n]
[START WITH n]
[ { MAXVALUE n | NOMAXVALUE }]
[ { MINVALUE n | NOMINVALUE }]
[ {CYCLE | NOCYCLE }]
[ {CACHE n | NOCACHE} ] ;

それぞれのオプションの意味は以下のようになっています。()の中はEnterprice Managerを使用した場合の表記です。

・INCREMENT BY n (間隔):増分値を指定(デフォルト値は1) 
・START WITH n (初期値) : 最初に生成される順序番号を指定(デフォルト値は1)
・MAXVALUE n  (最大値) : 順序で生成可能な最大値を指定 (デフォルトは NOMAXVALUE )
・MINVALUE n (最小値) :  順序の最小値を指定 (デフォルトは NOMINVALUE )
・CYCLE | NOCYCLE (循環) : 最大値または最小値に達したときに最小または最大値に戻り順序の生成を続行するか、 これ以上生成しないかを指定(デフォルトはNOCYCLE)
・ CACHE n | NOCACHE (キャッシュサイズ) :メモリーに常駐させる値の数を指定 (デフォルトはCHACHE 20) 

最小値が初期値よりも小さくても特に問題はありません。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

オラクルマスター教科書 Silver Oracle Database 10g DBA 10g (オラクルマスター教科書)
オラクルマスター教科書+iStudy Silver Oracle Database 10g DBA 10g


gfgroup at 08:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

July 30, 2007

Oracle9i PL/SQL(メルマガvol188回答&解説)

正解
4.

トリガーを作成するには、トリガーを起動するタイミング「トリガー・タイミング」や
トリガーを起動するデータ操作「トリガー・イベント」等を指定する必要があります。

表に対応付けるデータベーストリガーのトリガー・タイミングには
「BEFORE」と「AFTER」があります。
*******************
BEFORE :
表に対するDML文の前にトリガー本体を実行

AFTER :
表に対するDML文の後でトリガー本体を実行
*******************

なお、トリガー・イベントには「INSERT」「UPDATE」「DELETE」が指定でき、
UPDATEの場合に限り、全ての列を対象とすることも、特定の列のみを
対象とすることも可能です。
*******************
全ての列を対象 :
UPDATE ON 表名

特定の列を対象 :
UPDATE OF 列名, 列名 ON 表名
*******************

この問題のトリガーでは、DML操作の前にトリガーを起動させる必要があるため、
トリガー・タイミングには「BEFORE」を指定します。また、トリガー・イベントには
全てのDML操作(INSERT、UPDATE、DELETE)を指定しますが、UPDATE操作に関しては、
列を限定させるため「UPDATE OF shain_no, shain_name」と記述します。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

Oracle PL/SQLプログラミング―トリガーとストアドプロシージャによるデータベース強化
らくらくOracleとってもやさしいPL/SQLプログラミング塾
最新Oracle PL/SQL初級マスター―Oracle8i/9i対応


gfgroup at 08:15|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

July 27, 2007

Oracle9i データベース管理1(メルマガvol187回答&解説)

正解
1,4,5


チェックポイントの発生は次の状況で発生します。
・ログ・スイッチが発生したとき
・インスタンスをABORT以外のオプションを使用して停止したとき
・FAST_START_MTTR_TARGETパラメータによる強制実行時
・ALTER SYSTEM CHECKPOINTコマンド発行時
・ALTER TABLESPACEコマンドでOFFLINE NORMAL、READ ONLY、BEGIN BACKUPオプションを使用したとき

トランザクションのCOMMIT時、データベースの起動時にはチェックポイントは発生しません。
データベースの停止時にABORTオプションを使用するとチェックポイントを行わずにインスタンスを停止します。
そのためデータファイルに書き込まれていないCOMMIT済みデータをリカバリするため、次回インスタンス起動時にインスタンスリカバリが行われます。
また表領域をオフラインにする場合、ALTER TABLESPACE・・・OFFLINE IMMEDIATEを使用した場合にはチェックポイントは発生しません。
FAST_START_MTTR_TARGETパラメータは、インスタンス・リカバリにかかる時間(秒)を指定しておくと、Oracle Serverによって、この目標に合うよう、内部的なチェックポイントを発生してくれるパラメータです。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

オラクルマスター教科書 Silver Oracle Database 10g DBA 10g (オラクルマスター教科書)
Oracle DBAチェックリストデスクトップリファレンス
マスタリングOracle DBA[予定価格] (DB press)
Oracle DBAコマンドブック
ORACLE MASTER Silver Oracle9i Database認定ガイド DBA I 編


gfgroup at 06:54|PermalinkComments(65)TrackBack(0)clip!

July 25, 2007

Oracle9i Backup Recovery(メルマガvol186回答&解説)

正解
3,4

ダイレクト・パス・インサートをパラレルで行うには、
「INSERT /*+ PARALLEL(table, n) */ INTO table SELECT...」
コマンドを実行するか、 PARALLEL句を指定した表に対して
「INSERT /*+ APPEND */ INTO table SELECT ...」
コマンドを使用します。

パラレル・ダイレクト・パス・インサートを行うには、トランザクション開始時にALTER SESSION ENABLE PARALLEL DMLコマンドを実行する必要があります。
また、このインサート後、インサートした表に対してはCOMMITをしないと
「ORA-12838: オブジェクトは、パラレルで変更された後は読込み/変更できません。」というエラーが発生します。

ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

Oracle9iDB Release2 実践ガイド―インストールからバックアップ・リカバリ/パフォーマンス・チューニングまでをケーススタディで!
Oracleデータベース バックアップリカバリテクニック


gfgroup at 08:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

July 23, 2007

Oracle9i Performance Tuning(メルマガvol185回答&解説)

正解
1,3,6

基本的なパフォーマンスを向上させるためには、適切な表領域の配置を検討します。



【正解】
●ローカル管理表領域では、ファイル・ヘッダーにあるビットマップを使用して領域を管理するため、エクステントの割り当てにおけるディクショナリへのアクセスが不要です。
これにより、SYSTEM表領域へのアクセスを減らすことができます。
また、空きエクステントの結合することによる断片化の解消は、ローカル管理表領域では不要なため、効率よく管理できます。
Oracle9iでは、ローカル管理表領域がデフォルトの表領域タイプとなっています。
●表と索引は同時に挿入、読み取りが行われることが多いため、競合の回避のためにも、異なる表領域に格納することを検討しましょう。
●ユーザーが必要とするディスク・ソート用の一時表領域は、SYSTEM表領域の使用は避けましょう。
Oracle9iでは、デフォルト一時表領域があるため、ユーザー作成時に一時表領域を指定しなくても、SYSTEM表領域を使用することは回避しやすくなっています。
ただし、デフォルト一時表領域を設定していない場合は、SYSTEM表領域が割り当てられるため、注意が必要です。

【不正解】
●ディクショナリ管理の場合は、領域割り当て時の再帰SQL、隣どおしの空きエクステント結合などの処理が必要になります。個々のエクステントサイズを任意のサイズにできるメリットはありますが、ローカル管理表領域のほうが効率が良いです。
●表と索引は異なる表領域のほうが、競合回避にもなります。
●ディスクソート用としての使用も含め、SYSTEM表領域にデータディクショナリやシステムロールバックセグメント以外の情報を格納することは推奨されません。

ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

Oracle9iDB Release2 実践ガイド―インストールからバックアップ・リカバリ/パフォーマンス・チューニングまでをケーススタディで!
Oracle パフォーマンスチューニング
わかりやすいOracleパフォーマンス・チューニング―Oracle8i対応


gfgroup at 06:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

June 20, 2007

Oracle9i データベース管理1(メルマガvol175回答&解説)

正解
2,3

制御ファイルが更新されるタイミングは以下のようになっています。

・データベース識別子はデータベース作成時に記録されます。
・データ・ファイルとREDOログファイルの名前と場所は、データ・ファイルやREDOログファイルがデータベースに追加されるとき、改名されるとき、削除されるときに更新
・表領域情報は表領域が追加、削除されるときに更新
・REDOログ・ファイル履歴はログ・スイッチの時に記録
・アーカイブログの場所とステータスはアーカイブ発生時に記録
・バックアップの場所とステータスはRecovery Managerにより記録
・現在のログ・順序番号はログスイッチ時に記録
・チェックポイント情報はチェックポイント実行時に記録


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking

ORACLE MASTER Silver Oracle9i Database認定ガイド DBA I 編
オラクルマスター教科書+iStudy Silver Oracle Database 10g DBA 10g
徹底攻略ORACLE MASTER Bronze DBA 10g問題集


gfgroup at 08:13|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

June 18, 2007

ORACLE9i PL/SQL(メルマガvol174回答&解説)

正解
2.


「DBA_JOBS」および「DBA_JOBS_RUNNING」データ・ディクショナリ・ビューにてジョブに関する情報が確認できます。
現在実行中のジョブを表示するには「DBA_JOBS_RUNNING」データ・ディクショナリ・ビューを使用します。
また、発行されたジョブのステータス表示をするには、DBA_JOBSデータ・ディクショナリ・ビューを使用します。
なお、これらのデータ・ディクショナリ・ビュー情報を表示するには、
SYS.DBA_JOBSに対するSELECT権限が必要です。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking



プロとしてのOracle PL/SQL入門
やさしいOracle PL/SQL入門
Oracle DB PL/SQLプログラミング即効リファレンス―Oracle 8i、9i、10g対応
Oracle PL/SQLプログラミング 基礎編
らくらくOracleとってもやさしいPL/SQLプログラミング塾


gfgroup at 07:59|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!