MCP関連

April 25, 2007

Windows Server 2003 MCP-70-290(メルマガvol154回答&解説)

正解
4.

「ホームフォルダ」で\\Sv1\Users\%Username%と設定します。
指定するネットワークパスは、\\サーバ名\共有フォルダ名\ユーザー名となります。

サーバ上にユーザーのホームディレクトリを設定するには、サーバ上の共有フォルダ内にある各ユーザー用のフォルダに設定します。

%Username%で指定したユーザー名は、ユーザー用のフォルダとして共有フォルダ内に自動的に作成されます。

D:\Users\%Username%はローカルコンピュータのDドライブにホームディレクトリを作成するパスです。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking


MCSE教科書 Windows Server2003 Server(試験番号:70‐290)
Microsoft Windows Server 2003完全マスター―MCP試験番号70-290/70-291対応
MCSE教科書問題集70‐290 Windows Server 2003 Server (試験番号:70‐290)
MCSE/MCSAスキルチェック問題集 70-290 Microsoft Windows Server 2003 EnvironmentiStudy Lite for MCP付 マイクロソフト公式解説書


gfgroup at 00:30|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

March 23, 2007

Windows Server 2003 70-290(メルマガvol138回答&解説)

正解
4.

「Active Directory ユーザーとコンピュータ」コンソールで、各グループのプロパティを開きます。
各グローバルグループのスコープは、最初にユニバーサルに変更した後、ドメインローカルに変更できます。

通常グローバルグループのスコープは直接ドメインローカルグループに変更する事は出来ません。
グローバルグループのプロパティではドメインローカルグループのオプションが使用できないようになっています。
グローバルグループのスコープをドメインローカルに変更するには、グローバルグループをユニバーサルグループに変更してから、ドメインローカルグループに変更する事が出来るようになります。
ドメインローカルセキュリティグループを使用すると、ローカルドメイン内のリソースへのアクセスを定義および管理ができます。
ドメインが Windows 2000ネイティブまたはWindows Server 2003ドメイン機能レベルで実行されている場合は、ドメインローカルグループ、グローバルグループ、ユニバーサルグループのスコープを変更することができます。

各グローバルグループを削除し、ユニバーサルグループのスコープを使用して各グループを再作成するのは大変な労力を要することになります。
また、ローカルドメイン内のリソースへのアクセスをドメインユーザーに提供するときに、ユニバーサルグループを使用するとドメインコントローラ間に追加の複製トラフィックが発生してしまいます。
各グローバルグループを削除し、ドメインローカルのスコープを使用して各グループを再作成するのは大変な労力を要することになります。


ミニまぐ(携帯)まぐまぐ(PC)で配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。

「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」

製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。




投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking


Microsoft Windows Server 2003完全マスター―MCP試験番号70-290/70-291対応
MCSE/MCSAスキルチェック問題集 70-290 Microsoft Windows Server 2003 EnvironmentiStudy Lite for MCP付 マイクロソフト公式解説書
マイクロソフト認定技術資格試験MCP/MCSA/MCSEラーニングブック―70‐290:Managing and Maintaining a Microsoft Windows Server 2003 Environment編


gfgroup at 07:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

February 16, 2007

MCP70-290Windows Server 2003(メルマガvol115回答&解説)

<PR> 夢のようなホントの話!月の土地が買えるサイト


正解
1,6

ファイルの所有権を取得し、このファイルに対してKikakuグループにNTFSアクセス許可の「読み取り」を許可します。

NTFSボリュームでファイルやフォルダなど作成したユーザーは、そのリソースに対して所有権を持つことができます。
所有者は「フルコントロール」のアクセス許可を持ちます。
管理者は「ファイルとその他のオブジェクトの所有権の取得」のユーザー権利が与えられているためファイルやフォルダのアクセス許可の変更、所有権の取得が行えます。

共有フォルダの所有権を取得すると、ひとつのファイルへのアクセスを禁止する以上の権利を取得してしまうため適切ではありません。
NTFSアクセス許可は、常にできる限り最低限のレベルで構成し、リソースへの細かいアクセス権を提供する必要があります。
Kikakuグループに、共有フォルダに対しNTFSアクセス許可の「読み取り」を許可してしまうと、このグループのユーザーにフォルダ内のすべてのファイルに対するアクセス権を提供してしまうため適切ではありません。

共有フォルダで「サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える」オプションのチェックボックスをオンにすると、ツリー内のすべてのサブコンテナとオブジェクトの所有者を変更できるめ適切ではありません。
ファイルに対して、UsersグループにNTFSアクセス許可の「読み取り」を許可すると、Usersグループのメンバ全員にこの文書に対する読み取りアクセス権を提供してしまいます。


ミニまぐで配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。
「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」
製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。


投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン , 津山ブログRanking


<PR> 悩む前に頼ってみよう。転職ならパソナキャリア


MCSE教科書 Windows Server2003 Server(試験番号:70‐290)
Microsoft Windows Server 2003完全マスター―MCP試験番号70-290/70-291対応
徹底攻略 MCSE問題集 [70-290]対応 サーバー管理編
MCSE/MCSAスキルチェック問題集 70-290 Microsoft Windows Server 2003 EnvironmentiStudy Lite for MCP付 マイクロソフト公式解説書
MCSE教科書問題集70‐290 Windows Server 2003 Server (試験番号:70‐290)
マイクロソフト認定技術資格試験MCP/MCSA/MCSEラーニングブック―70‐290:Managing and Maintaining a Microsoft Windows Server 2003 Environment編


gfgroup at 06:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

January 18, 2007

MCP70-290 Windows Server 2003(メルマガvol95回答&解説)

<PR> 転職なら人材紹介サービス【毎日キャリアバンク】



正解
1.

ユーザーをRemote Desktop Usersグループに追加します。

ユーザーがターミナルサーバへログオンするには、Remote Desktop Usersグループでアクセスするための設定を行う必要があります。
Remote Desktop Usersグループはターミナルサービスに接続するためのユーザーの権利や設定を簡単に行えるよう既定のグループとして用意されています。


クライアントコンピュータをすべてWindows 2000 Serverにする必要はありません。
Windows XP Professionalもターミナルサービスを利用できます。

各ユーザーに対し、ターミナルサーバ上でローカルログオンのユーザー権利を割り当ててもアクセス許可が設定されていないためクライアントコンピュータからログオンできるようにはなりません。
また、これではユーザーがサーバにローカルログオンできるようになりセキュリティ上よくありません。
各ユーザーに対し、ターミナルサービスのリモート制御の設定を有効にしてもリモート制御の使用方法を設定をすることができますが、ターミナルサービスに接続できるようにはなりません。


ミニまぐで配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。
「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」
製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。

投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
▼記事に満足したらここをクリック▼
ブログランキングランキングオンライン


<PR> 大手企業が参画する派遣情報サイト誕生! ★ジョブオールスター★ 登録はこちら!



gfgroup at 06:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

November 27, 2006

Windows Server 2003 MCP70-290試験(メルマガvol66回答&解説)

正解
4.

1台目のサーバにあるボリューム上の「クォータエントリ」で社員300人のエントリをファイルにエクスポートする。このファイルを他の3台のサーバにコピーし、それぞれのボリュームの「クォータエントリ」にインポートします。

他のボリュームや、サーバにクォータの設定を適用するには、クォータが設定してあるボリュームの「クォータエントリ」ウィンドウで適用させたいエントリを選択し、「クォータ」メニューの「エクスポート」を選択します。エクスポートしたファイルを適当な場所へコピーし、他のサーバの適用したいボリュームの「クォータエントリ」ウィンドウで「クォータ」メニューから「インポート」を選択します。これにより、クォータの設定を異なるサーバのボリューム間で反映させることができます。

組織単位(OU)を作成し、クォータのグループポリシーオブジェクト(GPO)を構成しOUにリンクし、他の3台のサーバを同じOUに追加することはできません。グループポリシーは、サイトやドメイン、OUに所属するユーザーやコンピュータなどに対し、様々な制限事項を適用することが出来ますが、クォータの設定はグループポリシーによって適用されません。
「Active Directoryユーザーとコンピュータ」スナップインを使用し、1台目のサーバに対しクォータセキュリティグループを作成し、他の3台のシステムを追加することはできません。「Active Directoryユーザーとコンピュータ」スナップインでは、Active Directoryドメインのユーザーやコンピュータ、OUなどのオブジェクトの追加や管理を行うことができます。グループの追加や管理なども行うことができますが、クォータはセキュリティグループによって適用されません。
クォータの設定はレジストリに格納されるので1台目のサーバでレジストリキーをディスクにエクスポートし、他の3台のサーバのレジストリにインポートすることはできません。クォータ設定はレジストリキーのエクスポートとインポートによって適用されません。



ミニまぐで配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。
「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」
製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。

投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


gfgroup at 07:57|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

November 13, 2006

Windows Server 2003 MCP70-290(メルマガvol57回答&解説)

正解
1.


ユーザーアカウントのロックを解除します。
「アカウントのロックアウト」は、ユーザーが設定された回数でパスワードの入力を間違えた場合、不正ユーザーとみなしそのアカウントを使用不可にする為のセキュリティ強化として利用します。
ユーザーアカウントの「プロパティ」から「アカウント」タブにある「アカウントのロックアウト」チェックボックスがオンになっていると、これを実行します。

グループポリシーの「アカウントロックアウトのポリシー」では「アカウントのロックアウトのしきい値」や「アカウントのリセット」「ロックアウトの期間」などが設定できます。代表的なポリシーでは、30分間にログオン試行が3回失敗した場合にユーザーアカウントをロックします。

木下さんは期限の切れたパスワードを使用してログオンしようとしたので、指定されている時間内に3 回ログオンしようとした可能性があります。ユーザーアカウントのパスワードは、「Active Directory ユーザーとコンピュータ」でアカウントを右クリックし、「パスワードのリセット」を選択するとリセットできます。
しかし、アカウントのロックを解除するには、ユーザーアカウントの「プロパティ」から「アカウント」タブにある「アカウントのロックアウト」チェックボックスをオフにする必要があります。

コンピュータ アカウントをリセットしてもユーザーの期限切れパスワードにより影響されることはありません。
コンピュータをシャットダウンして再起動してもユーザーパスワードのリセットには影響しません。
「アカウントのロックアウトのしきい値」や「ロックアウト期間」の設定は不正アクセスからネットワークを守るためのものです。
ドメインのセキュリティポリシーは、ポリシーが正しく構成されていない場合を除き、決してユーザー支援のために変更しないでください。


ミニまぐで配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。
「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」
製品のお求めは、全科目1年間使い放題で7,980円のProject - i でどうぞ。

投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


gfgroup at 07:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

October 13, 2006

MCP70-290 Windows Server 2003範囲(メルマガvol37回答&解説)

正解
2,4

Hd1をベーシックディスクからダイナミックディスクへ変換しNTFSでフォーマットします。次にそのディスク内に5つのシンプルボリュームを作成します。
これにより、将来このドライブに格納されたデータには影響せずに容量を増加させる事が出来るようになります。
シンプルボリュームはダイナミックディスク上に作成できる最も基本的なボリュームで、NTFSでフォーマットされたボリュームは拡張し容量を増加させる事が出来ます。

ベーシックディスクには、シンプルボリュームを作成する事は出来ません。
ダイナミックディスク上にプライマリパーティションは作成出来ません。
またプライマリパーティションはベーシックディスク上に作成する領域で、1台のディスクに最高4つまでしか作成出来ません。



ミニまぐで配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。
「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」
元の問題はProject - i から提供されています。

投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】



gfgroup at 07:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 28, 2006

MCP70-290 Windows Server 2003範囲(メルマガvol27回答&解説)

正解
2.

Default Userに作成します。
ユーザーがコンピュータに初めてログオンしたとき、そのユーザーのプロファイルフォルダが作成されます。
このユーザープロファイルフォルダはDefault Userフォルダの内容を元に作成されます。
このため、Default Userフォルダにファイルのショートカットを作成しておきます。
また、All Usersはそのコンピュータにログオンする全ユーザーに反映されます。


ミニまぐで配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。
「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」
元の問題はProject - i から提供されています。

投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】



gfgroup at 07:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

September 20, 2006

MCP70-290 Windows Server 2003範囲(メルマガvol21回答&解説)

正解
2.

デバイスマネージャを使用してディスプレイアダプタのドライバを手動で更新します。
Windows Server 2003 コンピュータでは、ディスプレイアダプタは認識されているが、適切なドライバが見つからなかった場合、黄色の疑問符が付けられます。サウンドアダプタやディスプレイアダプタは、「不明なデバイス」カテゴリにマルチメディアコントローラとしてリストされることがあります。

高い画面リフレッシュレートを使用するようにモニタ設定を変更する必要はありません。デバイスマネージャには、画面リフレッシュレートが不適切であるとは示されません。

この問題ではデバイスマネージャの状態は、ドライバ関連の問題であることを示しているので高解像度のモニタに交換する必要はありません。新しいモニタが必要になるのは、ディスプレイアダプタとモニタに互換性がない場合だけです。

ディスプレイアダプタを交換する必要はありません。デバイスを置き換える前に、まずアダプタ用の更新されたデバイスドライバをインストールしてみてください。新しいディスプレイアダプタが必要になるのは、更新されたデバイスドライバを入手できない場合だけです。



ミニまぐで配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。
「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」
元の問題はProject - i から提供されています。

投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】



gfgroup at 05:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

September 04, 2006

MCP 70-290(Windows Server 2003)範囲(メルマガvol10回答&解説)

正解
1

不要なファイルを削除するにはディスクのクリーンアップツールを使用します。
このツールを使用すると、Temporary Internet FilesにあるファイルやWindows一時ファイル、ゴミ箱内のファイルなどを削除することができ、空き容量を増やす事ができます。

ミニまぐで配信されたメールマガジンの問題に対する解答・解説です。
「Project - ∞一日一問IT資格をGET! (ID:M0058193)」
元の問題はProject - i から提供されています。

投稿記事が気に入ったらポチっとやって頂戴!

ブログランキング緑にほんブログ村 資格ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】



gfgroup at 05:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!